Home資金繰りとは

資金繰りとは

 なぜ、現在これだけ銀行借入金の返済に窮した状態になったのでしょうか。
これは会社の売上が伸びていく上において必ずおきる資金面での問題を怠ったからに他なりません。
 通常、発生基準による複式簿記では売上が百万円立った場合、売掛金百万円 /売上百万円 と伝票を起こします。帳面上においては売上は立っています。しかし、この金額は回収されたわけではありません。
 売掛金が現金で回収された場合には、現金百万円 / 売賭金百万円という伝票をもう1枚起こす必要があり、掛け取引をしている場合は売上は立ったものの現金として回収されるまでには時間がかかるのです。振込みや小切手で回収している会社ならまだしも、中には受取手形で決済している会社もあります。
 こうした場合、売上が現金化されるまでに数ヶ月も要することになってしまいます。仕事というものは売り上げた金額の回収(現金化)をもって完了いたします。
 しかしながら、人件費や材料仕入、外注費、経費、税金などは毎月現金で支払っていかなければいけません。また、設備等固定資産の購入も積極的におこなっていかなければ他社との競争に遅れを取ることになります。
 つまり、「出る」資金は容赦なく出ていき、「入る」資金はなかなか入ってはこない。こうした場合、手持ちの資金はいずれ枯渇してきますから、その間の資金の調達は社長が個人で貸し付けるか、銀行からの借金で都合しなければならなくなります。
 こうした入金と出金の均衡をどのように図っていけば資金が順調に回って安定した経営が確保できるのか、これが資金繰りであり、もっとも社長さんが頭を痛めるところです。

ポイント
1 資金繰りとは金の入りと出を管理して支出不足にならないよう管理すること。
2 税務署等に提出する貸借対照表と損益計算書だけでは資金の流れはつかめない。

 

ページトップへ
Copyright (C) 後藤会計事務所2010 All Rights Reserved.